ギフテッド チャイルド ジャーナル

ギフテッドの娘と紡ぐ日常は、こんなにも瑞々しい

ゆづファン必読!ギフテッドの特徴が分かれば、羽生結弦を理解できる

投稿日:

 

更紗
「羽生結弦ケーススタディー」と称しまして、天才フィギュアスケーター、羽生結弦選手をギフテッドの見地から読み解いてみよう、という試みです。

 

ギフテッドチャイルドジャーナル ギフテッド 羽生結弦 フィギュアスケート イナバウアー 

アスリート & アーティスト

いやー、わたしから見ますとね、もう笑っちゃうくらい典型的なギフテッドなんですよ、彼ってば。

世間では、その表に出てくる言動を訝しく思ったり、不可解に感じたりと、理解できないでいる人も多く存在するような気がするんですね。

ファンならば、そういう分かりづらいところにも神秘性を見出せますけど、そうじゃなければ、あの性格は何だ、ただのナルシストじゃないか、と誤解したままで終わりになってしまうでしょうね。

でもね、それでは、余りに勿体ない!

わたし、声を大にしてもう一度言わせてもらいますけど、羽生結弦は、間違いなくギフテッドです。それも、かなり高いレベルのギフテッド。

幼少の頃から現在に至るまでの、本人が語った言葉や、メディアを通して漏れ伝わるエピソードというエピソード。

これらの一つ一つを、ギフテッドという名のマジカルフィルターを通して、再度、分析してみますとね、あら、不思議!

羽生結弦にまつわる、多くの不可解な言動が音も無く溶けていく~。

あんなことも、こんなことも。

「へえ、そういうことだったのね!」

それはもう、するすると見事に謎解きが出来てしまうんですって。

ただね、おそらくは、ご本人も、ご家族も、周りの人間、誰一人として、羽生結弦が「ギフテッド」だとは知らないんじゃないか、と。

正直、そういう発想すら出てこないはず。

言うまでもなく、日本では、ギフテッドの概念なんて存在しないに等しいですし。

同じく、練習拠点のカナダにいてさえもね。

そもそも、このギフテッドって概念、北米においてですら、誰しもが普通に認識しているようなメジャーなものではないんですよ。どちらかって言うと、知る人ぞ知る.....みたいな。

でも、まあ、仮に、 そういう概念が羽生選手周辺でそれなりに浸透していたとしても、ですよ?

「羽生結弦=ギフテッド」という風には、まず結びつかないでしょうね。

ほら、「フィギュアスケートの天才」という、誰が見ても明らかな、眩しすぎる面に覆い隠されてしまって、彼がそれとはまた別に「ギフテッド」だろうという考えは、誰の頭にも過ぎらないんじゃないかな、って思うわけです。

羽生選手が頭の良い人間であることは、よく知られた事実ですから、まあ、その辺りのクオリティーを言葉にするとしたら、良くて「賢い」とか、「聡明」とか、「頭脳明晰」とか?

あとは、もっと抽象的に、「スペシャル」な人とかね?

まあ、確かに、そういう風にも形容できるんでしょうけどね。

でも、核はそこじゃないよ、と。

真の核とは、彼がギフテッドだ、ってことなんです。

これが、羽生結弦という人間の全域に関わっている、いや、その逆かな、羽生結弦という人間の全域が、ギフテッドをギフテッドたらしめる脳からの指令と影響とを受けて、今ある彼を形成している、と言えるんじゃないかな、と。

言い換えれば、表に出てくる性格をも含めた、掴めるようで掴み切れない、彼の「ありよう」とでも表現できるのかもしれません。

そんなわけで、わたくし、更紗、言わずと知れた羽生結弦ファンではありますけれど、それと同時に、ギフテッド観察者、研究者、そして、擁護者、代弁者でもあります。キリッ。

そんなわたしから見ますとね、羽生選手ってば.....

何で、こんなにも無防備に、典型的なギフテッドの特徴を見せまくってくれるのか。

何で、至るところで、ギフテッドならではの激しさと脆さとを存分に振りまいてくれるのか。

もうね、ギフテッドただ漏れ状態の羽生結弦が面白くって仕方がない!

そう、まさに、今のわたしは獲物を見つけた鷹。

両眼をきらーん、と輝かせ、思いっきりダイブいたしまーす!

 

スポンサーリンク

羽生結弦は、単に頭がいいだけではない

更紗
わたしが、アスリート、羽生結弦に最初に惹かれたきっかけと呼ぶべきものについて、詳しく語っていますよ。

後に、彼は単に頭がいいだけではない、と気付いたわけですが、わたしが、いったい、羽生選手のどこに目を向けたのか、羽生選手の何がわたしには印象的だったのかを掘り下げています。

「だから、ギフテッドって何なのよ?」から始まって、ギフテッドの特徴というべきものにも触れていますとも!

 

ソチから平昌オリンピックへ☆五輪王者、羽生結弦選手の魅力の在りか

「アスリートにしては、珍しいレベルの頭の良さだな」 それが、フィギュアスケーター、羽生結弦に対する、わたしの一番最初の印象でした。 と同時に、ある種の興味を掻き立てられた ...

 

羽生結弦の喘息すらも、ギフテッドに関係が?

更紗
これ、平昌オリンピックの真っ只中に書いています。

羽生結弦選手のフィギュアスケート人生に深く関わることになる喘息に焦点を当て、ギフテッドであることとの関連性について検証してみました。

平昌での羽生選手の圧巻の演技にも絡めていますよ。

図解や統計値など、学術的にも意味のある資料をビシバシ使っていますからね、ファンのみなさんには、読み応えたっぷりの記事に仕上がってくれているんじゃないか、と自負しています。

 

羽生結弦に見るギフテッドの特徴と傾向☆喘息発作・アレルギーの関係

世界フィギュアスケート史上、最高最強のフィギュアスケーターとも目される羽生結弦。 その羽生結弦が実はギフテッドである、それも、おそらくは、高いレベルのギフテッドであろう、 ...

 

これからの羽生結弦ケーススタディー予告

更紗
ギフテッドの見地から検証していく羽生結弦ケーススタディーは、これからも、まだまだ増えていく予定ですよ。ぜひとも、ご期待くださいね。
オータム
ねえねえ、オータムの出番もちゃんとあるよね?
更紗
ありますとも!

だって、羽生選手は、何を隠そう、わたしたちの恩人的存在。羽生選手のおかげで、オータムを育てていくための希望の光を見出せた、という事実があるんです。

オータム
えー、何よ、それ?
更紗
その話は、また追々....。

ということで、わたしたち、これからも、「ギフテッド」という、一風変わった視点から、羽生結弦選手を応援して参りまーす!

 

 

 

-ギフテッド, ケーススタディー:羽生結弦, 特集記事コーナー

Copyright© ギフテッド チャイルド ジャーナル , 2020 All Rights Reserved.